トイプードルの保険

トイプードルの保険
Pocket

トイプードルとは

トイプードルとは、水鳥を狩猟した際の回収犬だったスタンダードプードルなど体の大きなプードルを16〜17世紀頃のフランスなどで愛玩用に改良した犬種といわれています。
美しく抜け毛が少ない被毛と小さく愛らしい風貌で室内での飼育に向いていることから、20世紀以降も愛玩犬として大変な人気があり、世界中で繁殖されており、日本でも最も飼育されている犬種として知られています。(2016年JKC飼育頭数調べ 76,393頭)
基本的には健康体ですが、身体的特徴としては、垂れ耳、密集した被毛、細い骨格であるため、様々な疾病にかかり易いと言われています。

トイプードルの容姿

大きな目と長くカールした被毛が特長で、体重は3kg程度で体高は28~35cm程度です。毛色は現在では大変多くあり、JKCで認められている毛色はホワイト、ブラック、シルバー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、ブラウン、ベージュ、ブルー、レッド、アプリコット、シャンパンです。

トイプードルの性格

トイプードルは毛色で性格が異なると言われていますが、科学的な根拠はありません。
トイプードルの基本的な性格は、人懐っこく活発な性格ですので飼いやすい犬種です。さらにIQは非常に高く、純血種の中でもっとも賢いといわれるボーダーコリーついで賢い犬種といわれています。そのためしつけがしやすい犬種ともいえます。
一方で、しつけが上手くいかなかった場合警戒心の強い性格が表にでて、家族以外によく吠える問題犬になる可能性もあります。

ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢

トイプードルのかかり易い病気

基本的には健康ですが、被毛が密集していることで、皮膚異常を起こしやすく、骨折などのケガや関節疾患を起こすこともありますので注意が必要です。

外耳炎

垂れ耳のため、汚れが溜まり易く、蒸れ易いため、耳の中の炎症を起こし易いです。常在菌のマラセチア性の外耳炎などは、治りづらく長期の治療が必要になります。
治療については、主に通院と投薬で、1回当たりの治療費は数千円程度ですが、長期化するケースが多く完治までには時間がかかります。

皮膚炎

トイプードルはカールした被毛が特徴的で可愛らしいのですが、一方で、蒸れ易く、皮膚に汚れが溜まり易い為、皮膚の常在細菌が繁殖しやすく、ノミ・ダニなどの寄生虫感染を起こすと密集した被毛のため長期化し易いなど皮膚トラブルを起こし易い犬種と言えます。
そのほかにもアレルギー性皮膚炎を罹患するケースもあり、こまめなケアが必要です。
治療については、主に通院と投薬で、1回当たりの治療費は数千円程度ですが、長期化するケースが多く、アレルギー性の場合は完治が難しく生涯ケアが必要な場合もあります。

骨折

体の小ささと比例し、骨自体が細く、骨折し易い犬種です。散歩中に飼い主が誤って踏んでしまったり、ソファや椅子から飛び降りたりすることでも簡単に骨折してしまいます。
治療については、主に手術と入院、経過観察のための通院と投薬で、10万円以上の高額治療となります。

膝蓋骨脱臼

トイプードルの代表的な疾患で、膝関節(後肢)のお皿がズレ歩行が難しくなります。膝蓋骨脱臼には先天性異常の場合、後天性の傷害のケースがあります。症状としては、足を引きずる(跛行)けんけんをして片足を上げながら歩くなどがあります。初期段階では症状もありませんが、膝が緩いといった診断を獣医師から受けた場合すでにステージ1の可能性があります。
治療については、ステージによって異なり、初期段階では投薬治療で、悪化すると歩行が困難になるため、手術が必要になります。骨折同様10万円を超える高額治療になり入院・通院費用もかかります。

年齢ごとの飼育についての注意点

トイプードルの平均寿命は15歳程度といわれていますが、健康な日々を過ごすにはそれぞれの年代にあった日々の健康管理を行っていく必要性があります

子犬期

迎え入れたばかりの場合、親から寄生虫感染をしているケースや、ペットショップやブリーダーの環境によっては、ケンネルコフを罹患しているケースもあり、先天性異常も7ヶ月前後で出る可能性があり、予防接種時の健康診断でよく確認しましょう。
活発な性格ですが、骨が細いため、ソファや椅子からの飛び降りでも骨折に繋がりますので注意が必要です。
注意すべき病気・ケガ
ケンネルコフ
大腿骨頭虚血性壊死(レッグペルテス)
寄生虫症
骨折

成犬期

トイプードルなどの小型犬は概ね1年で骨格の成長が終わり、成犬となります。子犬時と比べれば免疫モ安定し病気にかかりづらくはなりますが、遺伝性・先天性の関節疾患や、被毛や耳のケアが十分でないと皮膚トラブルを招くこともあるので、こまめなトリミングやシャンプーは大切です。
注意すべき病気・ケガ
膝蓋骨脱臼
マラセチア
外耳炎
椎間板ヘルニア

老犬期

7〜8歳くらいからは老犬期にはいりますので、元気なこであっても、無理に激しい運動をさせないようにしましょう。1
0歳くらいからはどんどん抵抗力が弱まっていきます、老化により目の疾患や感染症、内臓疾患など、より一層体調の変化に気を使ってあげましょう。
注意すべき病気・ケガ
白内障
感染症
心臓疾患

 

まずは無料保険料見積もり

ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢
ページトップ