犬の病気・ケガの部位、症状・原因・治療法・予防について

犬の病気・ケガ
Pocket

犬は人間と違い痛みを言葉で伝えることができません。ですから、飼主の皆さまが愛犬が病気やケガになってしまったときに、異変に早く気が付き、早期治療をすることが出来れば、その分早く回復します。

早期発見・早期治療に繋げるため、このページは犬の病気・ケガの症状・原因・治療法・予防法についてまとめております。
また、傷病の中には、ペット保険会社にごとに、補償対象外の病気・ケガや、加入そのものが出来ない病気・ケガもあり、傷病名ごとに支払・加入が可能なペット保険会社についてもをまとめております。

 

犬の病気・ケガ(部位別)

 

・外耳炎
・中耳炎

 

角膜炎 結膜炎
逆さまつげ
チェリーアイ
ドライアイ
白内障
流涙症
緑内障

 

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)

口腔内・歯

口蓋裂(こうがいれつ)
歯周病
歯槽膿漏(しそうのうろう)
歯肉炎
軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)
乳歯遺残(にゅうしいざん)
不正咬合(ふせいこうごう)

 

脳・神経

水頭症
てんかん
脳炎
認知症

 

消化器官の病気・ケガ

胃炎・急性胃炎
胃ねん転
巨大食道症
肛門嚢炎(こうもんのうえん)
膵炎
膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぴふぜんしょうこうぐん)
大腸炎
腸炎・慢性腸炎
腸閉塞
腸ねん転

 

呼吸器官の病気・ケガ

水頭症
てんかん
脳炎
認知症

 

骨・関節

環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう)
関節炎
股関節形成不全
骨折
骨関節症
膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
前十字靭帯断裂
肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん)
変形性骨関節症(へんけいせいこつかんせつしょう)
レッグペルテス
クル病
骨軟化症
離断性骨軟骨炎
特発性免疫介在性多発性関節炎

 

皮膚の病気・ケガ

アレルギー性皮膚炎
・ノミアレルギー性皮膚炎
・ツメダニ症
・疥癬
・膿皮症
・皮膚糸状菌症
・内分泌性皮膚炎
・脂漏症
・毛包虫症
・皮膚血管炎
・寒冷凝集素症
・落葉状天疱瘡
・尋常性天疱瘡

 

 

犬の病気・ケガ(症状別)

 

耳の症状

頭を振る・耳のかゆみ
・耳垂れ
耳が聞こえていない

 

目の症状

めやに・涙が出る
目に異常がある

 

鼻の症状

鼻に異常がある

皮膚の症状

皮膚に異常がある
脱毛する
よく体をかく

 

脳・神経に関する症状

歩き方がおかしい
けいれんする
よくよだれが出る
発熱がある

 

消化器官の症状

最近、太った・痩せた
よく嘔吐する
食欲がない
便に異常がある
よく水を飲む

 

呼吸器官の症状

呼吸に異常がある
せき・くしゃみをする

 

泌尿器の症状

尿に異常がある

 

ご利用にあたっての注意事項
当社は、本サイトに細心の注意を払ってコンテンツを掲載していますが、時間の経過とともに病気・ケガへの対応は変化しており、情報の正確性、安全性、有用性等について、お客さまに対し、何ら保証するものではありません。
コンテンツのご利用は、あくまでも参考としていただき、治療や予防などの最終的なご判断は、かかりつけの獣医師への相談などを行ってください。
コンテンツ内容により、直接または間接であるかを問わず、万が一何らかの問題、損害・損失が発生した場合でも、一切の責任を負いかねます。
コンテンツのご閲覧・ご利用等にあたっては、閲覧されるお客さまご自身の責任において行ってください。

ページトップ