ポメラニアンのペット保険

ポメラニアンのペット保険
Pocket

ポメラニアンとは

ポメラニアンとは、ドイツ・ポーランドの国境にまたがるポメラニアン地方が原産といわれ、19世紀後半ごろから品種改良がおこなわれ、現在のような小型犬の姿になっていきました。日本でも根強い人気がある小型犬です。
 

ポメラニアンの容姿

小さな頭に丸い大きな目と独特の豪華な被毛が特徴です。
体重は1.8~2.3kg、体高は18~22cmが理想の体型とされていますが、もともとは中型犬ジャーマンスピッツやサモエドとルーツが近く小型化される前は中型犬程度の大きさだったこともあり、サイズがやや大きくなってしまう個体もいます。
被毛はダブルコートで毛色はさまざまあり、黒・茶・白の3つが一般的です。
 

性格

ジャーマンスピッツやサモエドなどそり犬や番犬といった使役犬として活躍していた犬種とルーツが近いため、人には従順ですが、繊細な性格なため、訪問客などに吠えることもあります。無駄吠えをなくすためには、一定のトレーニングが必要となります。
 

ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢

かかりやすい病気

ポメラニアンはどちらかというと、先天性や遺伝性疾患の多い部類の犬種で、かかりやすい病気としては、膝蓋骨脱臼・レッグペルテス、肘関節形成不全など関節系の疾患が多くあります。関節以外でも、特有の皮膚病として、偽クッシング症候群、頭蓋骨内に水がたまる水頭症、涙管の異常により涙が外に流れ続けてしまう流涙症や、口先の短い犬種でしばしば起こる、呼吸が荒くなる気管虚脱などがあり、日頃からの健康チェックが欠かせません。
また骨が細いため、転倒や落下による骨折にも注意が必要です。
 

年齢ごとの飼育についての注意点

ポメラニアンは、美しく特徴的な被毛と愛らしい表情が人気で、トリミング次第で様々な魅力を発揮します。
平均寿命は12歳~16歳程度といわれていますが、ケア次第ではさらに長く健康で生きられることもあります。
 

子犬期

遺伝性疾患・先天性疾患の膝蓋骨脱臼・レッグペルテス、肘関節形成不全などの発症に注意しやすい時期です。防ぐことはできませんが、早期発見ができれば、正しいケアをすることができます。また日々のケアでは、ブラッシングやトリミングは必須の犬種ですので、慣らすことが大切です。
 

注意すべき病気ケガ

膝蓋骨脱臼
レッグペルテス
肘関節形成不全
水頭症
気管虚脱
骨折
 

成犬期

ポメラニアンを含む小型犬は概ね1年で骨格の成長が終わり、成犬となります。子犬時と比べれば免疫も安定し病気にかかりづらくはなりますが、遺伝性・先天性の関節疾患の発症や、被毛や耳のケアが十分でないと皮膚トラブルを招くこともあります。引き続きこまめな健康チェックやトリミングやシャンプーは大切です。
また成犬になっても骨は細く関節が弱いので、肥満体にしないように注意が必要です。
 

注意すべき病気ケガ

皮膚炎
外耳炎
 

老犬期

7〜8歳くらいからは老犬期にはいりますので、さらに関節への負担をケアする必要があり、無理に激しい運動をさせないようにしましょう。
一般的な犬種と同じように、老化により目の疾患や感染症、心臓などの内臓疾患など、より一層体調の変化に気を使ってあげましょう。
 

注意すべき病気ケガ

白内障
感染症
心臓疾患

まずは無料保険料見積もり
ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢
ページトップ