アメリカン・コッカー・スパニエルのペット保険

Pocket

アメリカン・コッカー・スパニエルとは

アメリカン・コッカー・スパニエルとは、アメリカ大陸への英国移民がメイフラワー号でやってきた際にのっていた猟犬の一頭がコッカー・スパニエルだったことからはじまり、愛玩化するために品種改良された犬種といわれています。元々コッカースパニエルは英国の犬種でスペインの猟犬が祖先と言われています。
日本でも根強い人気はありますが、中型犬というサイズ感と被毛のケアに手間がかかることから、爆発的な人気になったことはありません。
 

アメリカン・コッカー・スパニエルの容姿

アメリカン・コッカー・スパニエルは愛玩犬ですが、元になったイングリッシュ・コッカー・スパニエルが猟犬だったため、筋肉質な体型です。
大きな瞳は共通していますが、イングリッシュ・コッカーと違い、装飾的で美しい被毛や頭頂部がやや平らで、口先が短めに詰まっている点は愛玩犬として改良された結果です。
被毛の色は一般的にはブロンドとして認識されがちですが、ブラックやブラウンなども認められています。
 

性格

愛玩犬として必要とされる愛嬌があり好奇心旺盛、穏やで従順な性格です。性格的には初心者でも飼うやすい犬種といえます。
 

ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢

かかりやすい病気

アメリカン・コッカー・スパニエルは、目の怪我や病気への注意が必要です。ケガについては瞳が大きいことで角膜をケガしてしまうことがあります。
また病気については、白内障・緑内障の好発種で、若年での発症だった場合10歳前後で失明する可能性があります。
また循環器系の疾患の拡張性心筋症や、垂れ耳の特徴をもつ犬種であることから外耳炎になりやすいといえます。
 

年齢ごとの飼育についての注意点

アメリカン・コッカー・スパニエルは愛玩犬ではありますが、活動的な一面をもっています。また非常に食欲が旺盛なため、運動不足になると肥満体になりやすい犬種です。
以下では、アメリカン・コッカー・スパニエルについての年齢ごとの飼育についての注意点の詳細を紹介しています。
 

子犬期

好奇心旺盛で、運動量も豊富なため、たっぷり遊んで上げる必要があります。また食欲旺盛で、食べ物に対しての関心が強いため、誤飲誤食や悪食をしがちです。
きちんとしたしつけや、口にしやすい危険なもの、食物からは遠ざけましょう。
また、美しいダブルコートの被毛はブラッシングは必須で、散歩後、毎回かけて上げると良いでしょう。またブラッシング時には蒸れやすい耳のケアをするとよいでしょう。
病気に関しては、予防できる疾患ではありませんが、罹患しやすい眼疾患の予兆がないかは、確認し早期発見早期治療ができるようにしましょう。
 

注意すべき病気ケガ

若年性白内障
外耳炎
誤飲誤食
 

成犬期

成犬期では、落ち着きがでて、穏やかな性格の特性を活かし、子供の遊び相手などもできるようになります。
健康面で特に注意したいのは肥満にならないようにすることです。一定の運動量は必要で、一日一時間程度の散歩が必要です。
肥満から関節を痛めたり、循環器系疾患や内臓疾患を起こすこともありますので、適度な運動と管理された食事を行い、おやつなどのあげすぎには注意しましょう。
被毛の管理や耳のケアは引き続き行っていきましょう。
 

注意すべき病気ケガ

循環器系疾患
外耳炎
誤飲誤食
 

老犬期

成犬期にきちんと管理した食事や運動を心がけているかどうかで、健康面のリスクは変わります。
とくに老齢期はどの犬種でも罹患する可能性はありますが、循環器系疾患の好発犬種なので、運動量は年令とともに減りますが、ある程度の運動はさせるようにしましょう。
また目の疾患についても、老齢になればどの犬種でもかかりますが、その中でも好発犬種です。
 

注意すべき病気ケガ

白内障・緑内障
循環器系疾患
糖尿病

まずは無料保険料見積もり
ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢
ページトップ