オオハナインコの特長・健康管理・かかりやすい病気・けがのと予防

Pocket

オオハナインコとは

オオハナインコとはニューギニアからオーストラリア・ソロモン諸島など、いわゆる太平洋オセアニア地域の森林エリアに生息地にしているインコの仲間です。生息地や特徴により10種類ほどの亜種の存在が知られています。オオハナインコの名前の由来は、比較的小さい口ばしなどが特徴的なインコのなかにあって、口ばしが大きく鼻が大きい印象を与えることに由来しています。
体長は35㎝から40㎝ほどのサイズで重さは400-550gほどと、インコの仲間では中型に分類されるそう。
オオハナハナインコが日本に入ってきたのは、明らかではありませんが鳥類に力を入れているペットショップなどでは販売されていおり、特に行政庁から飼育許可をとるなどの手続きは必要ありません。オスとメスで容姿が大きく異なり、ペットして人気です、そのためオオハナインコの販売価格は平均して10万以上し固体によっては20万円をこえることも。平均寿命は40-50年と長寿のため飼育にあたっては相応の覚悟が要求されます。

オオハナインコの容姿の特徴

オオハナインコの特徴として雄と雌で容姿、つまり体毛色が大きく異なる点を指摘することができます。インコ類ではオス・メスの生別の違いによって外見はほとんど異ならないのが一般的ですが、オオハナインコの毛色はオス・メスで大きく異なります。オスは緑色をベースに赤や黄色・青などが葉の根元などにピンポイントに入った外見です。これに対してメスは赤・紫・青などが派手なコントラストをなすような毛色をしているので、容易に生別を見分けることが出来ます。口ばしの色もオスとメスでちがっており、オスは黄色を基調に赤のグラデーション。これに対してメスは黒色を呈します。
オオハナインコの鳴き声は独特で、「クア」「クワッ」といったような若干甲高い泣き声です。
ところでオオハナインコの大きさは雄と雌で特にかわりはなく、雄雌ともに成鳥で35㎝から大きい固体で40㎝ほどまで成長するとされており、インコの仲間では中型のサイズに属します。

オオハナインコの性格

オオハナインコが数あるインコのなかで人気を集める理由の一つは、知能が高く賢いことをあげることができます。人にもよくなつきますが、愛情深く飼い主とのスキンシップやコミュニケーションを好みます。鳥類のなかでは人間との接触が逆にストレス要因になりがちなのとは対照的です。しかしこの点が飼育の難しさでもあり、毎日のスキンシップを欠かさないで、接することで長きわたり貴重なパートナーとなってくれる存在で信頼関係を構築することもできます。逆に多忙で飼育の為に時間が避けないような環境では信頼関係が崩れてしまったり体調をくずすこともあるので、本当に飼育できるのかを十分検討する必要があります。
またオオハナインコはオスとメスとでも大きく性格が違うとされています。オスは人間にもなつきやすく性格も温和ですが、メスは神経質で警戒心も強いので飼い主としてはメスを飼育するときは距離のとり方を工夫する必要があるといえそうです。

オオハナインコを飼育する際の注意点

オオハナインコを飼育する際の注意点は、まず飼育ゲージのサイズです。特にペアで飼育するなど複数飼育の場合の注意店でもありますが、中型インコのため飼育ゲージはひろめのものを用意する必要があります。放鳥できる時間を取れれば別ですが、最低でもたかさ90cm以上、横幅は60㎝以上のゲージが必須です。コミュニケーションに関しての注意は、飼い主の側から積極的にコミュニケーションをとること。愛情深く接してあげることが必要です。
食事に関しての注意ですが、オオハナインコは野生下では種子や果実・花や木の芽など多彩な種類を餌にしています。しかしこれらの食べ物だけでは栄養バランスをとるのは難しいので、ペレット状の餌やミックスシードなどを与えて下さい。ただペレットフードはなれていないと口にしないこともあるので、嗜好性の高いミックスシードを混ぜるなどして、徐々にならせるように。
室温に関しての注意点は、本来の生息地が熱帯に属する太平洋オセアニア地域の森林地帯であるため、寒さにはにがてです。専用のヒーターや屋内空調などで冬場は加熱することが必要になります。

オオハナインコのかかりやすい病気・ケガ

オオハナインコを飼育するにあたり、注意するべきなのはかかりやすい病気への警戒を怠らないことです。オオハナインコのかかりやすい病気では風邪と腸炎をあげることができます。風邪とは上気道感染症の総称で、くしゃみをする・鼻水などの症状のほか、羽毛を膨らませたり、止まり木からおりてうずくまるなどの行動変容が認められることがあります。進行すると鼻眼結膜炎へと移行し、しばしば重症化し獣医の治療が必要になります。腸炎はウイルス感染などで下痢をするもので、通常は緑褐色の便が透明で水っぽく悪臭を放ちます。これらの病気の予防法は、冬場は加温管理し新鮮な餌と水を欠かさないことです。こまめにゲージは掃除し、フンなどは放置しないことが大切です。
飼い主が構ってあげないでいたりすると神経質になり複数固体同士で喧嘩をすることもあります。注意すべきけがは毛が抜けている部分がめだつというもの。飼い主不在のときに、固体同士で喧嘩をして傷つけている可能性があるからです。

ページトップ