コガネメキシコインコのペット保険

Pocket

このページは、黄色やオレンジの鮮やかなコガネメキシコインコの特長やなりやすい病気などから最適なペット保険を比較検討するために情報をまとめました。コガネメキシコインコのペット保険をご検討の際にご利用いただければ幸いです。

コガネメキシコインコとは

生息地は南アメリカ北東海岸部や南米などで、果物などを主食にしている中型サイズのインコです。
コガネメキシコインコが日本に入ってきたのは1970年頃なのでそこまで歴史が深いと言う訳でありませんが、人気はかなり高いです。コガネメキシコインコの販売価格は大体10万円前後であることが多く、名前の由来は生息地であるメキシコと黄金色に輝く体の色が元になっています。
日本の家庭でも飼われていますし、中型のインコなのでそこまで広いスペースがなくても飼うことは可能です。人に懐くという特徴もあるので一緒にいると楽しいです。
平均寿命は15年くらいなので、犬や猫と同じくらい生きることができます。ペットとしては非常に人気が高いですが、野生の個体は減り続けているので絶滅が危惧されている動物でもあります。野生では群れを作って生活するので、単体で行動するよりも一緒に行動することを好む傾向があります。仲間意識が強いので人間とも一緒に生活することができます。

コガネメキシコインコの容姿の特徴

輝くような綺麗な色をしていて、明るくて元気な雰囲気がある南米を連想させるような派手な体をしています。部屋の中が明るくなりますし、南米のインテリアなどが好みの方にとってはコガネメキシコインコも気に入るはずです。
コガネメキシコインコの鳴き声は「キーキー」「ギャーギャー」系の鳴き声なので、ボリュームもかなり大きいです。都心の一戸建て物件やアパートやマンションなどの集合住宅で飼うためには大家さんや管理会社の許可が必要です。コガネメキシコインコの大きさは30cmくらいで、体重は100gから120gくらいが平均です。
コガネメキシコインコの毛色は個体によって微妙に違うことがありますが、基本的には全身の大部分が黄金色で、羽の部分は緑になっています。黄金色はオレンジや黄色、赤色などが混ざり合った繊細な色合いで、近くで見ると体の部分によって色の変化を読み取ることができます。カラフルな色なので、派手な色が好きな方には最適です。

コガネメキシコインコの鳴声

かなり大きな声で鳴き人の声をかき消すほどで、室内で静かに暮らしたい方や大きな音が苦手な方がご家族にいる場合は飼育環境としては適さないでしょう。大きな声で「ギャアギャア」「キーキー」という鳴声です。

コガネメキシコインコの性格

コガネメキシコインコの性格は非常に明るくて人懐っこいのが最大の特徴です。知らない人が近づいても警戒心をむき出すことは少ないですし、すぐに仲良くなることが可能です。
派手な見た目通りの積極的な性格で、人間と一緒に遊ぶことを好みます。比較的頭が良いインコですが、人間の言葉を覚えるのは苦手です。テレビやインターネットで話題になるような会話の芸をするのは難しいかもしれません。
インコを飼う理由の一つに「おしゃべりができるから」というものがありますが、おしゃべりには不向きだと言えます。その点体を使った芸は得意なので転がり技や輪投げ、ターンなどを覚えることができます。
動きで飼い主とコミュニケーション取ることが可能なので、一緒に生活していて楽しいです。知能は高くて人間のことを理解しているので、面白いやり取りをすることも可能です。パートナーとの信頼関係を築くことができますし、愛情を持って育てれば人間に懐いてくれます。

コガネメキシコインコのかかりやすい病気

コガネメキシコインコは中型のインコですので、寿命は小型よりも長めの15年程度といわれています。インコとひとくくりにされがちですが、出身地などは細かく違い、かかりやすい病気やケガも異なります。少しでも長生きさせるためにも病気に対する知識も身につけておくと良いでしょう。

皮膚腫瘍

かかりやすい病気は皮膚腫瘍なので、皮膚の状態には特に気をつけなければいけません。
なるべく住むところを清潔にして、できれば水浴びなどもさせると良いです。食事も同じものばかり与えるのではなく、色々なものをバランスよく与えて栄養素を幅広く摂取させることを意識することが大事です。

羽のケガ

注意すべきけがは色々ありますが、特に気をつけなくてはいけないのは羽です。羽は怪我や病気になりやすい部位なので、日ごろから状態を確認しておくことが重要です。
効果的な予防法としては怪我の原因になりそうなものは極力置かないようにすることです。
インテリアを選ぶ時はコガネメキシコインコのことを考えて購入しないと思わぬ怪我につながります。
なるべく野生に近い環境を作り出してあげて、自由に動き回ることができるような部屋で飼うのがおすすめです。怪我をしたり病気に掛かってしまうと寿命も短くなりますし、一緒に楽しい時間を過ごすことができないので毎日の気遣いが大事です。

コガネメキシコインコの飼育での注意点

コミュニケーションに関しての注意点

コミュニケーションに関しての注意点は無理におしゃべりをしないことです。おしゃべりはそこまで得意ではないので、コミュニケーションを取る時は大きな声で鳴くことが多いです。
飼い主の姿を見ると大きな声で呼び鳴きすることが多いので、早朝や夜中は周りに対して少し迷惑になります。鳴き声の対策をすることが重要なので、周りに家がない一軒家に住むのが一番良いです。アパートやマンションなどの集合住宅で飼うのは非常に難しいですが、防音対策がしっかりしていて、大家さんや管理会社がOKと言えば飼うことは可能です。

複数飼育の場合の注意点

複数飼育の場合の注意点は、大きい鳴き声にストレスを感じないかどうかです。コガネメキシコインコは本来群れを作って生活する生き物なので複数飼育でも問題はありませんが、鳴き声はかなり大きくなるので、我慢する覚悟は必要です。

食事に関しての注意

食事に関しての注意点は果物や植物の種子を主食にすることです。

室温に関しての注意点

暑さは得意ですが寒いところは苦手なので室温に関しての注意点は部屋を暖めることです。

コガネメキシコインコの加入できる保険

2020年7月時点で鳥の保険を取り扱っていて、コガネメキシコインコがペットショップ以外で加入できるのは損害保険会社のアニコム損保(どうぶつ健保ふぁみりぃ)と少額短期保険会社のSBIプリズム少額短期保険(旧日本アニマル倶楽部(プリズムコール®))の2社のみとなっております。
また、ペットショップでの購入時に加入可能な保険にはアイペット損保「うちの子キュート」という鳥を含めたエキゾチックアニマル専用の保険もあります。

コガネメキシコインコがペット保険に加入する場合の注意点・ポイント

コガネメキシコインコなど中型以上のインコは犬猫などよりも寿命が長いケースもあり、平均で15年程度生きるといわれています。
長期間入れる保険を検討することとかかりやすい病気が補償対象になるかはよく保険会社に確認すべきでしょう。

鳥の保険に戻る >

ページトップ