ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのペット保険

Pocket

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークとは

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークとは、イングランドの牧畜犬として活躍していた犬種で、名前の由来はウェールズのペンブロークシャーにいたことと言われています。短足胴長のスウェーディッシュ・ヴァルファントという犬種が祖先とされ、イングランドでスピッツなどとの交配が行われ今の姿になっていきました。
現在では、中型の愛玩犬として広く認知されており、特にイギリス王室のエリザベス2世は寵愛しており、多くのコーギーたちが宮殿に住んでいます。
日本でも人気犬種で、中型犬の中では1・2を争うほど人気の犬種です。

 

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの容姿

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは短足で胴長が最大の特徴で、面長で立耳、被毛はダブルコートという容姿です。
アンダーコートは非常に密集しており、喚毛期は抜け毛があるので、容姿を清潔に保つためにもブラッシングは週に2~3回以上は行いましょう。
毛色はレッド、セーブル、フォーン、ブラック・アンド・タンに限られています。
尾については生まれた段階で断尾することが多く、「犬種らしさ(犬種標準)」を維持するという意味でウェルシュ・コーギー・ペンブロークの断尾は行われています。ショーに出さないのであれば、断尾が絶対ではありません。こうした断尾は現在では、動物愛護の観点から議論のある部分です。

 

性格

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは牧畜犬だった歴史があり、活発で遊び好き、賢く、飼い主に対しては従順です。
一方で、しっかりとした躾をしておかないと、コントロールが効かないといった面もあります。
例えば、牛や羊などの家畜の足首に噛みついたり、吠えたりすることで、家畜の群れを誘導することを仕事としていましたので、愛玩犬として飼育している一般宅では必要のないこの習性が出てしまうこともしばしばあります。
中型犬としては小さく室内でも飼育しやすいのですが、躾に自信がない方や、初心者にはあまり向かない犬種です

 

ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢

かかりやすい病気

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、椎間板ヘルニアの好発犬種として知られています。ダックスフンドも好発犬種として知られていますが、理由は同じで、胴長短足の為腰に負担がかかりやすいという特徴がある為です。また変性性脊髄症という、原因不明の疾患に、高齢(10歳くらい)になってから罹患することがあります。ゆっくりと進行していく疾患で、気が付きづらい反面、発症する後足の麻痺、排尿・排便機能の低下、呼吸障害などを引き起こし3年ほどで亡くなることがある恐ろしい病気です。
その他には、てんかん、皮膚炎、尿石症、関節疾患などが罹患しやすい病気です。

 

年齢ごとの飼育についての注意点

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは現在では愛玩犬として広く飼育されていますが、牧畜犬にルーツを持つ犬です。健康維持には、一定の運動量が必要で、運動不足になると太り、椎間板ヘルニアに罹患しやすくなりますので、注意しましょう。
以下では、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークについての年齢ごとの飼育についての注意点の詳細を紹介しています。
 

子犬期

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの子犬期は、好奇心旺盛で、運動量も豊富です。散歩も含めたっぷり遊んで上げる必要がありますが、ドックランなど家族以外の他の犬とのふれあいは慎重に行った方が良いケースもあります。転倒で骨折や外傷性の椎間板ヘルニアを起こすこともあり、勝気な性格な子も多い犬種なので、喧嘩になって相手にケガを負わせてしまうこともあります。その他屋内では、好奇心からいろいろなものを口にいれしまい、誤って食べてしまうなどの誤飲誤食も良く起こりますので、口に入りやすいものには注意しましょう。
お手入れについては、ダブルコートの被毛は蒸れやすく、皮膚病などにもかかることがある為、ブラッシングは必須で、散歩後、最低でも週2~3回できれば、毎回かけて上げると良いでしょう。
防ぎようはありませんが、てんかんの症状が出る可能性があるのも子犬期です。発症してしまった場合は、薬で抑制していきましょう。
 

注意すべき病気ケガ

椎間板ヘルニア
てんかん
誤飲誤食
皮膚病
 

成犬期

成犬期でも、飼い主のリードをぐいぐい引っ張ってしまうほど元気な子も多く、落ち着きが出るまでに時間がかかる子もいます。一方で、賢い犬種なので、しっかりとした躾を行えば、飼主の指示をよく聞くようになり、見違えるようになります。
健康面で特に注意したいのは肥満にならないようにすることです。子犬期同様に一定の運動量は必要で、一日一時間程度の散歩が必要です。
肥満から椎間板ヘルニアの発症をしたり、関節を痛めたり、人間と同じように、循環器系疾患や内臓疾患を起こすこともありますので、適度な運動と管理された食事を行い、おやつなどのあげすぎには注意しましょう。
 

注意すべき病気ケガ

皮膚病
椎間板ヘルニア
尿石症
 

老犬期

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの老犬期では、変性性脊髄症への注意が必要となります。椎間板ヘルニアと初期症状は同じで、麻痺の症状がみられ、歩くのを嫌がったり、ふらついたりしていた場合は獣医師に相談しましょう。
元気な個体もいますが原則長時間の運動は不要ですので、運動不足にならない程度で無理をさせないようにしましょう。
その他は、他犬種でも老犬期になり易い、眼疾患や循環器疾患、関節疾患には注意が必要になります。
 

注意すべき病気ケガ

変性性脊髄症
白内障・緑内障
循環器系疾患

まずは無料保険料見積もり

ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢
ページトップ