柴犬の保険

柴犬のペット保険
Pocket

柴犬とは

柴犬とは、日本固有の犬種ですが、明治時代に雑種化が進んだため、数が激減したことから昭和11年12月には保存を目的として「天然記念物」に指定されました。

現在では、海外でも人気の犬種です。柴犬は、中型犬に分類される純血種で、日本国内での飼育頭数は5位(一般社団法人ジャパンケネルクラブ(以下JKC)の2016年飼育頭数ランキング)。中型犬としては、日本で最も飼育されている犬種です。元々は飼い主にしか懐くことがなく、気難しい犬種として知られていますが、逆にこうした一途さが人気の要因となっているようです。

柴犬は身体が引き締まり、健康な部類の犬種として知られている柴犬も他の犬種と同じように怪我や病気になることもあり、先々の医療費を考えペット保険を選ぶ際には、犬種ごとの性格・身体的特徴・かかりやすい病気などを把握しておくことが大切です。

柴犬の容姿

柴犬は、体高よりも体長の方が少し長く日本犬のなかでも体高の低い犬種です。被毛は短毛でダブルコートです。主な毛色は、「赤」「黒」「胡麻(赤胡麻)(黒胡麻)」「白」があります。

中でも代表的な色は赤毛で、柴犬の約8割を占めると言われています。ペットショップで見かけるのもほとんどが赤毛で現在ですが、黒毛も多くあります。ただし白毛については現時点で犬種としてはまだ認定されていません。

一般的な目安となる平均的な体重は、雄(オス)で9~11㎏、雌(メス)で7~9㎏です。

また、他の犬種と違う特徴としては、厚みのある三角形の立ち耳と「巻尾」・「差尾」と呼ばれる尻尾が特徴です。

巻尾はクルンと巻いた尻尾のことで、差尾は持ち上がり、巻かずに先端が前に傾斜している尻尾です。

柴犬の性格

柴犬の性格は古来の人間との関わりが関係しています。柴犬は縄文時代から飼育されてきたといわれる日本古来の犬種です。人間の狩猟を狩猟犬として手伝ったりや番犬として長く活躍してきたため、人間に対して忠実で従順、さらに家族を守る勇敢さ、命令を実行できる利口さ、忍耐強さを兼ね備えています。

一方で警戒心が強く、飼い主以外にはあまり懐かない犬種ですが、好奇心は旺盛で、活発で飼い主をはじめ信頼関係を築いた人が近くと、尻尾を振って喜ぶような可愛らしい愛嬌を振りまくこともあります。

ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢

柴犬のかかりやすい病気

 

柴犬は「柴犬の性格」の中でも述べさせていただいたとおり日本古来の犬種のため、日本の湿度や季節にも対応できている犬種です。

日本国内で飼育している限りは、病気の心配はそれほど高くないと言えますが、比較的皮膚が弱いため皮膚炎の罹患率が多くあり、運動量が多いゆえの膝蓋骨脱臼、年齢を重ねていくことによる心疾患や認知症などが発症することもあります。
特にアトピー性皮膚炎、膿皮症などの皮膚疾患は常に注意が必要です。皮膚炎は見た目で治ったと思っても実際は完治していないケースが多く再発もしやすいので獣医師のアドバイスの元しっかり治療を行うようにしましょう。

皮膚炎

皮膚が比較的弱い犬種のため、皮膚炎にかかることがあり、中でもアレルギー性皮膚炎が好発します。症状としては、強いかゆみやフケが生じ、掻くことで皮膚が傷つきただれてしまうことがあります。後ろ足で顔や身体を掻きむしる仕草や、床に身体を擦り付ける仕草をしたら要注意です。
ドッグフードも含め、食べ物のアレルギーがある場合は食餌性皮膚炎、ハウスダスト、花粉、ダニ、真菌など環境にアレルギーのある場合はアトピー性皮膚炎に分類されます。どちらもアレルギー検査で分かるため、気になる症状が出た場合は、確認することをおすすめします。

膝蓋骨脱臼

後ろ足の膝の関節のお皿(膝蓋骨)が、正常な位置から内外へはずれ脱臼した状態をいいます。一般的には小型犬や超小型犬がなり易い疾患ですが、柴犬でも起こることがあります。また膝蓋骨脱臼には先天性のケースとケガによる後天性のケースがあり、後天的ケースは落下などの衝撃で起こることがあります。

甲状腺機能低下症

喉にある甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気です。症状としては、胴体の左右対称の脱毛や全身のむくみなどさまざまな症状が現れます。

認知症

近年、犬の高齢化とともに増加している病気です。脳の委縮など、加齢にともない発症が増加する傾向が多いといえます。柴犬での罹患は多く、物との衝突や、成犬にもかかわらず夜泣きなどがあった場合は、検査をしてみたほうがよいでしょう。

緑内障

回復が難しい眼疾患で、眼圧の上昇により視神経と網膜に障害が生じ、一時的または永久的に視覚障害が起こる病気です。

年齢ごとの飼育についての注意点

柴犬の平均寿命は13歳〜15歳程度といわれていますが、健康な日々を過ごすにはそれぞれの年代にあった日々の健康管理を行っていく必要性があります

子犬期

迎い入れた先がしっかりとした管理の行き届いたペットショップやブリーダーの場合は起こりませんが親から感染するケースもある回虫などの消化管内寄生虫症です。下痢が続いたりする場合は検便で確認しましょう。
また、消化管内寄生虫症は親以外の犬や土壌からも感染します。子犬の時期はとくに活発なのでドックランなどに行く機会が多いのですが、沢山の犬が訪れているため土壌が汚染されており、感染するケースもあるので、口コミなどをよく確認し、整備された清潔な場所を選ぶようにしましょう。

寄生虫以外には、「GM1ガングリオシドーシス」という耳慣れない遺伝性疾患がこの時期柴犬に好発すると言われています。
M1ガングリオシドーシス発症するのは生後5~6ヶ月齢で、症状は、脳をはじめ全身の臓器に異常が生じ歩行不能、四肢の緊張性硬直、直立不能、角膜の混濁による視覚の障害がみられるなど深刻な症状が多いのが特徴です。
残念ながら現在でも治療法がないため、かかっていない(かかる可能性が低い子犬)子犬を迎えることが重要です。遺伝性疾患のため出来れば親の疾患の確認をしましょう。
注意すべき病気・ケガ
寄生虫症
GM1ガングリオシドーシス

成犬期

遺伝性の疾患はこの時期までに出なければ発症しづらいと考えられますが、皮膚が余り強い犬種ではないため皮膚炎への備えが重要になります。とくに柴犬に多く認められるアトピー性皮膚炎は治りづらく、再発もしやすいので、一度発症してしまった場合は、長期治療になることも念頭に置き、根気強く治療を行いましょう。

柴犬のアトピー性皮膚炎については、80%が3歳頃までに発症すると言われているようですが、飼い主は気づかない或は一過性の皮膚炎と考え重く考えず、徐々に重症化するケースが多いのです。
発症頻度が高い部位としては、耳・眼の周り、関節の内側、四肢の付け根となっています。
日々のブラッシングや散歩からの帰宅した場合は湿らせたタオルで全身を拭きとるなど出来る限り皮膚を清潔にしましょう。

注意すべき病気・ケガ
アレルギー性皮膚炎

老犬期

老犬期になると健康体の柴犬でも免疫の低下などから様々な障害や疾病にかかることがあります。とくに好発の疾病としては、「甲状腺機能低下症」や「緑内障・白内障」や、日本犬で多く見られる認知症が好発しやすいと言われています。
甲状腺機能低下症は症状として被毛が薄くなる、脱毛、顔のむくみなどがみられるため、一見皮膚炎と間違えやすいので要注意です。重症化すると意識障害など起こるケースもあるので、予防として毎年の定期健診で獣医師に確認することをおすすめ致します。
また認知症については、運動量の減少によって外界からの刺激が減ることが悪化を招くと考えられ、もともと好奇心旺盛な犬種であることを活かし、年齢を重ねても外に出る機会を減らさないなど、常に刺激を与えてあげることが大切といえます。

注意すべき病気・ケガ
甲状腺機能低下症
眼疾患(緑内障・白内障)
認知症

まずは無料保険料見積もり

ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢
ページトップ