FPC(フリーペットほけん) 補償内容・お支払い事例

Pocket

フリーペットほけんの補償限度額と限度回数

FPCの「フリーペットほけん」では、ご加入のペットが病気や怪我によって動物病院で治療を受けた時、その診療費のうち50%・70%を保険金としてお受け取りいただけます。

なお、保険金には「通院保険金」「入院保険金」「手術保険金」の3種類があり、それぞれに以下の限度額と限度回数が設定されています。

フリーペットほけんの年間の補償限度総額(限度額x限度日数の合計)は、85万円の手厚さですので、安心して動物病院での治療を受けていただくことができます。

FPCのフリーペット保険の補償内容

※入院に日数制限はありません。1入院とは、入院から退院までをいいます。

特約、割引はございません。

 

保険金のお支払い事例

事例1 小型犬に多い骨折

チワワ(7ヶ月)の男の子が元気よくソファーから飛び降りた際、フローリングで滑って骨折してしまった時にかかった治療費。
骨折は転倒や落下などで脚の細い小型犬に多く、室内犬であっても手術に至り高額の治療費になりやすいケガです。
 
治療費合計 118,200円
(手術1回・入院6日間)
 
保険金支払額
50%プラン59,100円
70%プラン82,740円
 

事例2 若い年齢でも多い異物誤飲

コーギー(1才)の女の子が洗濯ばさみをかじって、破片を飲み込んでしまった時にかかった治療費。
異物誤飲は幼い年齢で起こりやすく、成犬・成猫でも拾い食いグセのある子や紐などを噛む癖のある子は特に要注意です。
 
治療費合計 177,600円
(手術1回・入院7日間)
 
保険金支払額
50%プラン88,800円
70%プラン124,320円
 

事例3 費用がかさみやすい胃腸炎

フレンチ・ブルドック(3才)の女の子が下痢の症状で通院したところ、細菌性の胃腸炎と診断された時の治療費。
あらゆる犬種・猫種でおきる疾病で、1度の通院では3000円~5000円程度ですが、複数回の通院が必要になることが多いです。
 
治療費合計 17,300円
(通院5日間)
 
保険金支払額
50%プラン8,650円
70%プラン12,110円

募集文書番号
TORO-ST180122-003
ペット保険会社人気9社徹底比較 5秒カンタン保険料お見積り
ペットの種類
ペットの種類
犬
猫
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
鳥・うさぎなど
種類
年齢
ページトップ